沖に出て遭難した人を岸まで導いていくイルカのように、働き場のない障害者たちの将来を切り開いていきたい。そんな想いから、「イルカ作業所」という名前を付けました。

沖に出て遭難した人を岸まで導いていくイルカのように、働き場のない障害者たちの将来を切り開いていきたい。

そんな想いから、「イルカ作業所」という名前を付けました。

イルカ作業所は、みなと福祉会の最初の作業所として、1991年4月にスタートしました。緑に囲まれた場所にあり、オリジナル商品としてふきんやポーチ、きんちゃく、なべつかみを作っています。贈答用や各種粗品として最適です。利用者と職員が力を合わせて、ていねいに作り上げています。

利用者はみんなとても明るく、活気のある作業所です。

イルカ作業所からのお知らせ

2018.11.13
NEW名古屋市行政懇談会で『伝えたい事』
2018.10.25
フットベースボール大会
2018.10.13
地域の方とのふれあい企画に参加!!
バックナンバー

活動紹介

生活介護事業

介護を必要とする方に対して、日中生活の支援、生活に関するご相談、また生産活動や創作活動の場を提供しています。

  • 製品づくり
  • 軽作業
  • イベント(豆まき)

生産品のご紹介


  • ふきん
    国産のかや生地100%で、使い心地抜群の台所ふきんです。

  • 縫製品
    きんちゃく、ポーチ、なべつかみ、バッグなど。柄など相談に応じます。

ご利用案内

〒455-0857
愛知県名古屋市港区秋葉1-191-2

開所時間
月~金曜日 9:15~16:00
第2土曜日  9:15~13:00
施設のご利用に関するお問い合わせ・ご相談はイルカ作業所まで 見学随時受付中
pagetop